So-net無料ブログ作成

羽織 [羽織]

防寒着については、「羽織」派と「コート」派に分かれるようですね。羽織派は、「折角 着物と帯をコーディネートしたんだから、隠すのはもったいない!」という理由。コート派は、「何といっても暖かいことが第一!」という理由が圧倒的のようです。

私はコート派。防寒着はあくまでも防寒の為のもの。多少洒落っ気が無くとも、暖かいことが第一です。もちろん「防寒着」としてではなく羽織を着るのは嫌いじゃないんですよ。むしろシンプルな着物に素敵な絵羽の長羽織などすごくお洒落だと思っています。でも私の場合は、帯と着物双方でやや華やいだ纏め方をするし、更に帯留や髪飾りで華を添えるので、これ以上色柄物を加えると「チンドン屋」みたいになっちゃう。そういう点からも、単色のコート、或いはショールを採用してしまいます。

そんな私が、ちょっと着てみようかと思っている羽織を2点。
これは母が持っていたもの。出所不明だそうです。多分 祖母のものだと思うのですが、家紋が実家に関係るするものじゃないのが謎。アンティークショップなどでも見かける、黒地に漆糸で文様が織り出された羽織です。
羽織 028.jpg

波に飛翔する鶴。そして花の丸に宝。結構 おめでたい柄が織り出されていて、色見の割には着てみると華やかです。
羽織 031.jpg

そしてこちらの縞。これは昨年祖母の遺品から譲り受けました。
羽織 035.jpg

紺×白×黄のストライプで、それぞれの色の両脇に赤のピンストライプが配されている、ちょっと粋な羽織。これはカッコよく着たい。
羽織 038.jpg

この羽織、じっと眺めていると別の図案が浮かんできます。この部分は、薄っすらと梅が・・・。どうやら祖母が何かを染め直しして作った羽織のようです。
羽織 042.jpg

先日ご紹介した頂き物のウールの着物のかけつぎといい、この羽織の染め直しといい、昔の方は着物を本当に大事に着ていますね。これは是非とも学びたい姿勢です。

これらの羽織をどんな着物に合わせるか思案の為所ですが、それ以前にこの2週間ほど寒くて、羽織だけでは出かけられない!もう少し暖かくなってからの出番になりそうです。




★ご覧いただき誠にありがとうございます。今月末でにほんブログ村の「着物・和装ブログランキング」から一旦外れてみようと思っています。ブログ村からご覧いただいている方、お手数をおかけ致しますが、ブックマーク等していただき引き続き贔屓にしていただけますと幸甚です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

防寒コート [羽織]

いよいよ本格的に寒くなってきましたね。着物の時にも、カシミアのストールだけでは寒さが凌げなくなってきました。しかし、今冬は恐れる必要なし!昨シーズンは『防寒強化』に力を入れたので(笑)

着物の際の防寒は、『羽織派』と『コート派』に分かれるようです。『羽織派』は、①帯が見えるので折角のコーディネートが隠れない、②室内でも脱がなくていい、という理由を挙げられる方が多いようです。でも私は、①帯が見えるので、着物+帯+羽織と3つの組み合わせを考えなくてはいけないのが面倒、②室内(人前に出る際)では帯のお太鼓部分を見せたい、という理由で『コート派』なのです。

しかし昨シーズンまでは、持っていたのは母や叔母のお下がりの赤やピンクのコートばかり。しかも時代的にやや短い。一方の羽織も祖母からの柄いっぱいのアンティークもののみ。これではいけないと、コートを探したのでした。

最初に欲しいのはやはり何にでも合わせ易い黒のロングコート。これさえあればどこへ行くのも怖いもの無しだし、ショールや襟巻きなどを合わせてお洒落もし易い。

で、一番最初に買ったのは、黒のアンティークのシルクベルベットのコート。アンティークのシルクベルベットって大好きなんです。比較的買いやすい価格の現代ものは、土台になる生地が化繊系だったりするので表面は柔らかでも、掴むとどこかにゴワゴワした感じがある。その点アンティークのものはクタ~っとした滑らかな触り心地でなんとも気持ちが良いのです。購入したのは、高島屋製の本当に上質のシルクベルベットに所々金通しされた、大変ゴージャス感漂うロングコートで即決で買いました。・・・・ところが、1回目の着用で脇が破れ購入店でお直し。2回目の着用でボタン付けされた部分の生地が裂け・・・結局 無駄な買い物となってしまいました(涙) アンティークはこういうことがあるので怖いですね。

次に購入したのは、前にもご紹介したこのコート。
11251188.jpg

フォックスがトリミングされた黒いカシミアのロングケープ。かなり長いので、体をすっぽり包んで暖かいです。しかも洋服と着物両方に使えるので優秀!洋服の時にもヘビーユーズしています。
11251192.jpg

このケープを買ったから、黒のコートはもういいやと思っていたのですが、昨シーズンの最後 たまたま通りかかったアンティークショップの最終セールで1枚のコートに出会いました。
ラックに掛かっていた売れ残り品なのですが、切ビロードで小さな柄が入っているだけでとてもシンプル。それに大好きな千代田衿。しかも!どうやら本来長めのコートを裾上げしている様子。裾出しすれば結構な長さになりそうだったし、素人が裾上げしたらしく、直すのも簡単そうだったので、3000円なら失敗しても後悔ないなと思って買っちゃいました。
それがこのコート。買ってから今シーズンまで寝かしてあったのですが、裾だしをするとこんなに丈がありました。まだアイロンがけしていないので、ちょうど元の裾の線が残っていますが、25cm程長くなった感じ。
梅と四季花の小紋 003.jpg

しかも傷みもなく、全体のコンディションも良いのでこれはお買い得だったかも。切ビロードで描かれた若芽の様な柄も可愛いし。
梅と四季花の小紋 005.jpg

これだけあれば、寒い冬でも怖いもの無し!・・・で、今日はこのコートを着て歌舞伎座夜の部へ行く予定でしたが、雨だよ・・・・雨コートはロクなものを持ってない・・・・



★ご覧いただき誠にありがとうございます。日本ブログ村の「着物・和装ブログランキング」にエントリーしております。楽しんでいただけましたなら、下記のバナーをクリックしていただけますと嬉しく存じます。更新の励みになりますので、是非 応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
↑このバナーをクリック願います。(お一人様1日1回しかカウントされないそうです。)


※このマントは本当に優秀なのでおススメです!キャメル色なども素敵。




nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

めでたすぎる意匠も困りもの・・ [羽織]

今日で1月も終わりです。早いなぁ。あっという間にまた「年賀状どうしよう」って季節になるんだろうなぁ・・って、それはちょっと気早すぎですか?

さて、着物を着ていて悩むのが、めでたすぎる意匠のものをどう取り入れるかです。もちろん結婚式やパーティーなどはコテコテのめでた柄が良いわけですが、普段にはさりげないめでたさは良いものの、めでたすぎるとちょっと身に付けることがためらわれます。(それは私だけ?) 帯留や、着物や帯の地紋程度なら躊躇しないのですが、ババーンと「松竹梅」や「宝尽くし」などが描かれていると、「ちょっと普段には・・・」って気持ちになります。大好きなんですけどね、どちらの意匠も。

同じく大好きなんだけど、その意匠ゆえに出番が無いのがこの羽織。

ババーンと鶴が羽ばたいている、祖母から受け継いだ長羽織。カッコいいんですけどね・・・・いつ着るの??って感じじゃないですか(汗) 本当に礼装する時はあまり羽織を着たくないし、かといって普段にははねぇ・・
しかも、何もこんなに群れなくても、こんなに派手色じゃなくてもっていう意匠なんだよな。

好きだけど、着られない。着たことが無い。着てみたいぞ!
で、1月ならば許されるかと思って、思い切って半ば頃に着てみました。・・・ちょっと人様の視線が痛かったな・・・。やっぱり、この意匠は正月の間くらいでしょうかねー。


寒い日のコート [羽織]

東京でも寒い日が続いています。雪にならないだけマシなんでしょうが、こうも寒いと着物で出かけるのも控えがちになります。でもどうしても着物で出かけないといけない時のために、暖かい防寒コートは必需品ですよね。
・・・・そう思って、防寒コートを持っていなかった私は、今シーズン まずアンティークの絹ビロードのコートを買いました。ところが、これが大失敗! 本当に素敵なコートだったのですが、生地がだいぶ弱っていたようで、2回ほど着用しただけで、脇やボタン周りの生地が裂けてきちゃいました(涙) もう、本当に涙モノでしたよ!

で、仕方ないから更に商品を物色。
色々迷った挙句、着物だけに使用するのはもったいないから着物と洋服両方に使用できるコートにしたいという結論になりました。そうなると、形はケープ・マントタイプのものに絞られます。最近はミンクのケープなんかが流行って、良質のヴィンテージものなんかが手に入りやすくなっているから、それも素敵だなぁ・・・

でもある日、いつも素敵な着物の着こなしをされている刺繍教室でご一緒している奥様の着物姿を拝見して、考えは一転。その方が着物の上に合わせられていたのは、カシミヤにフォックスがあしらわれたとても素敵なマント。そのエレガントな姿を見た瞬間「これだ!!!」って思いました。

そして、早速 マネっこ。

もう少し丈が長いと良かったのですが、拘って探すとなかなか見つからない。でもこのケープには、フードがついていて、それが首筋や背中を更に暖かく守ってくれます。

もちろん洋服にも合わせてもかなりキュート。
1枚で2度美味しいこのケープ。まだまだ寒さが続きそうなので、大活躍してくれそうです。


羽織+襟巻きで暖かいです [羽織]

今日は東京でも雪が降る寒い一日でした。
こんな日の着物は困りますよねー。根性なしの私は、寒くて着付けする段階でめげちゃいます。それでも着物を着なくてはいけない日には、出来るだけ沢山の下着を着こんで体を冷やさないように心がけています。

先日 いつもとても素敵に着物を着こなしているお嬢さんが、羽織にフォックスの襟巻きを合わせていらっしゃったのですが、それがなんとも可愛い!!私も出番の少なくなっているフォックスの襟巻きを持っていたなと思い出し、早速 まねしてみました。

祖母の長羽織に、昔 母が買ってくれた黒のフォックスの襟巻き。結構 イケるじゃないですか♡

後姿も、何だかエレガントな感じになりました。

しかし何より、暖かいのです!
着物を着ていて、一番 寒さを感じるのは首筋。結構 衣紋をちゃんと抜いて着るので、首の後ろがスースーすることがあるのですが、これならへっちゃら。首を冷やさないことがいかに大事か、ヒシヒシと感じました。

これで寒い日の着物もちょっと楽しくなりそうです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。