So-net無料ブログ作成

梅の簪のお直し [髪飾り・帯留の手入れ]

現在 ブログトップに使っている(1月末まで表示の予定)写真の中にも写っているものですが、お正月に是非使用したいと思っている簪があります。

画面 向って右中央の梅の簪。
ぷっくりと綻んだ白梅を表した簪。銀台のフォルムも美しいですが、雌しべの珊瑚、そして花弁の真っ白な真珠がとても上品で色々と持っている梅の小物の中でもかなりのお気に入りです。

実はこの簪、私の手元に来たときはこんな感じでした。
梅0001.JPG

片方の真珠は取れ、残っている真珠もバロックであまり良い状態とは言えません。
でもこんなに美しいデザインなので、真珠さえ綺麗なものに付け替えてやれば、きっと素敵になると信じて購入しました。

先ずは残っている真珠を外して、綺麗に磨きます。
梅0002.JPG

そして真珠を扱う店で、この枠に合う珠を捜しました。枠が楕円形なので、淡水真珠で枠のサイズに合う綺麗な珠を二つ捜しました。で、選んだのがこちら。艶やかな真っ白い珠。
梅0003.JPG

そしてこれをセットすればこの状態になりました。
梅0004.JPG

ね。綺麗だと思いませんか?

骨董屋さんでちょっと壊れていたり、傷んでいる商品も工夫次第でこの様に素敵な品に変身します!しかもその様な「難あり」の商品は、完品の半値以下で買えたりするのでものすごくお得だと思います。
骨董屋さんを訪れた際には、是非 隅っこに追いやられている「難あり商品」にも目を向けてみてくださいね。


※ランキングに参加いたしております。
 宜しければ下のバナーをクリックして応援してください!
 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村




タグ: 修理

『第五回 意匠を学ぶ会』 テーマ:梅 ~百花の魁~ [Salon de Tsuru]

今年も残すところあと3日となりました。一年は早いですね。年々 時間の経過に加速がついてゆくように感じるのは年齢のせいでしょうか。

さて年明けに予定しているSalonイベントのご案内です。下記のとおり『第五回 意匠を学ぶ会』を開催いたします。

今回のテーマは『梅 ~百花の魁~』です。
春に先駆けて花開く梅。『百花魁』また『春告草』など、春の到来を予感させる異称が多々あります。またその薫り高さから古より愛され、万葉集では萩に次いで、多く詠まれている植物です。
梅0004.JPG

文芸の世界だけでなく、絵画や工芸品、さらには着物の文様としても愛されている梅。梅がどの様に描かれているのかを探り、人々がその清楚な美しさ、芳しい香りにいかに心躍らせたかを感じたいと思います。

会の詳細は下記の通りです。参加ご希望の方はメールにて、お名前とご連絡先(メールアドレスと念のために電話番号)をお教え下さいませ。
ご参加希望のメールをお待ちいたしております。




『第五回 意匠を学ぶ会』
 
 テーマ :梅 ~百花の魁~
 
 日 時 :1月21日(土) 13:30~16:00(予定)

 場 所 : 横浜市港北区日吉本町 Salon de Tsuru
    ※詳細は参加申込みメールに返信する際にお知らせいたしますが、
     東急日吉駅からバスにて10分程度、更に徒歩で5~6分です。
     誠に申し訳ございませんが駐車スペースがございませんので、
     バスかタクシーにてお越し下さいませ。

 会 費 : 3,000円(資料 及び 茶菓子代込み)

 参加申込み方法 : メールにてご連絡下さい
      mail :  tsuru.nakamura2あっとまーくgmail.com
           「あっとまーく」の文字の部分を「」に変更してください。
           (迷惑メール防止のため、平仮名表記にしてあります。)

 定員:10名程度
   
 ◎持ち物、ドレスコード等はございません。洋服でもOK。気軽にご参加下さい!

                                                以上 

RIMG1451ss.JPG


※ランキングに参加いたしております。
 宜しければ下のバナーをクリックして応援してください!
 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村




タグ: 意匠

素敵なバースデイ&クリスマスParty [着物]

昨夜は、素敵なマダムが主催のクリスマス&大学教授のマダムのご主人様50回目のバースデーを祝うPartyに主人と参加してきました。会場は東京の夜景が一望できるニューオータニの最上階。

久々のセレブ感漂う素敵な会なのに、なんの捻りもないまま先日 ボディに着せたそのままのコーディネートで出席した私。いや、この時期の夜向きの華やかな着物を持っていないのだな・・・。やはりクリスマスPartyは、ちょっと正統派じゃない感じにしたいと思っちゃうし。ドレスは似合わない体になっちゃったし(>_<)
で、こんな感じに。帯留だけは指輪に合わせて変えてみました。
RIMG1378.JPG

暗い部屋で撮っているので大変判りづらいのですが、一応 パーティヘアにしています。髪を頭の高い位置でお団子にして、それにボブのウィッグを被せています。そうする事でかなり後頭部に盛りあがりが出来て、いつも使っているポニーテールのウィッグより華やかになります。地毛との境目は、キラキラ感のあるカチューシャで上手く隠します。またウィッグの毛先は襟足に集めてピンで固定し、その上を大き目のバレッタで隠します。今回は黒を挿し色にしているので、やはりちょっと光る大きめの黒のリボンバレッタをつけています。判りづらいので、バレッタの位置をピンクのラインで示しています。
RIMG1414ss.JPG


Partyは、それはそれは華やいだ楽しいものでした。多数の素敵&立派なゲストと、各界で成功されている方々に、すっかり気後れして 私 小さくなっておりましたけれど。いやいや、あやかりたい。皆さんの漲るパワーに圧倒されながらも良い刺激をいただきました。
会場に飾られた龍の氷柱が、この会の勢いを象徴するようでした。(そして会場の熱気で、すごい勢いで融けだしていた・・)
RIMG1391.JPG


会場の外も、ニューオータニはクリスマスムード一色。隅にあった小さめのクリスマスツリーの前で、主人とツーショット。あ、年賀状にいいかも。まだ作っていないし・・・・。
RIMG1410ss.JPG


末筆になりましたが、エリコさんお招きありがとうございました!ご夫妻のますますのご活躍とご多幸を祈念いたしております!!



※ランキングに参加しております。
 お手数ですが下のバナーをクリックして
 応援していただけますと幸甚です。
 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村




クリスマスPartyコーディネート [着物]

今回の『意匠を学ぶ会』の玄関コーディネート。
RIMG1350.JPG

テーマの松に因んだコーディネートにしようか迷ったのですが、本人のコーディネートと同様クリスマスを意識した感じに纏めてみました。ちょうど来週にクリスマスパーティがあるので、その時の自分の装いを意識してコーディネートしました・・・まぁ、以前にもクリスマスパーティでこのスタイルにしましたが。

クリーム色にキラキラ光る糸でシャンデリアの様な柄を織り出したマジョリカお召。やはりこのキラキラ加減と、描き出された模様のイメージで普段使いは難しい。パーティ、しかも夜のパーティが良いように思います。
RIMG1352.JPG

全体がぼんやりするのを引き締めるため、黒の伊達衿を。伊達衿がなかったので、黒の帯揚を代用しました。黒の半衿にしてしまうと重すぎ。伊達衿程度の分量がバランスが良いように感じました。
RIMG1354.JPG

帯は黒の繻子帯。着物の柄を引き立てるために、帯はシンプルな無地の帯にしました。特に黒の繻子帯は光沢があるので、柄は無くても着物の華やかさに負けないので選びましたが、ここは好みが分かれるところでしょうね。パーティらしく華やかな変わり結びにしてみました。
RIMG1359.JPG

帯留はこの着物に合わせて以前に購入したアンティークのブローチを合わせてみました。ここはパーティの格によってはもう少し宝飾らしいのもの方が良いかな。
RIMG1356.JPG

う~ん、このコーディネートにするかもう少し捻るか悩むところですね。パーティ明日なんですけど。もう少し考えましょう。


※ランキングに参加しております。
 下のバナーをクリックして応援してくださると大変嬉しく存じます!
 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


地味な縞の紬でクリスマスコーディネート [着物]

本日は『第四回 意匠を学ぶ会』を開催いたしました。テーマは「松~新年を寿ぐ~」。常緑である事から古より「神霊の宿る木」として捉えられてきた松。信仰の対象、或いは歌などに詠まれた松が、中世以降 造形世界を飾るモティーフとしてどの様に描かれたのか、また着物の文様としてどの様なものがあるのかなどに触れてみました。ご来会いただいた皆様、誠にありがとうございました。
RIMG1348.JPG

本日の私の装い。松に因んだコーディネートにするかクリスマスのコーディネイトにするか迷って、クリスマスを選択。私の手持ちの松だと、どうしても礼装になってしまうので・・。
そしてクリスマスコーディネイトを選択したら、着物より先に帯が決まりました。一度も締めていないこの帯。
RIMG1339s.JPG

恐らく葉鶏頭を真上から捉えて描いたものだと思うのですが、色合いが何となくポインセチアを彷彿させるのでクリスマスに締めたいなと随分前に買ったもの。色柄の雰囲気からこの時期を逃すと何となく出番が無く、一度も締めた事がありませんでした。

で、この帯に合う着物を選んだのですが、一番しっくりきたのがこの地味な縞の着物。真綿の様なほっこりした感触の紬です。まるで定常幕の様な色合いで好きなのですが、帯によってはとても地味になる。でもこの帯だと何となく、全体に落ち着いたクリスマスカラーに見えてくるので気に入りました。
RIMG1340s.JPG

帯留もクリスマスっぽい感じ・・・に見えるか疑問ですが、珊瑚の玉が赤い木の実の様で良いかなぁと選びました。葉っぱの細工が細かく、葉脈の黒い石(オニキス?)が全体を引き締めていてなかなか存在感のある帯留です。
RIMG1346.JPG

髪は地味にならないように、デニッシュの様なまとめ髪にしてみました。(毛束を捻りながら大きく輪を作るようにして、サイドにピンで留めています。)
RIMG1342.JPG

デニッシュじゃないほうには、木の実の簪を。
RIMG1344.JPG

クリスマスコーディネートにしてはちょっと地味ですよねぇ。小物の使い方でもう少し華やかにしようかと迷ったのですが、こんな感じで落ち着きました。迷った小物使いはまた後日ご紹介したいと思います。


※ランキングに参加しています。
 宜しければ下のバナーをクリックして応援してください! 
 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。